収納に困っていませんか?そんな時、棚のリノベーションで、収納場所がぐっと増えることがあります。

◆棚のリノベをしてみよう!

部屋に収納を増やしたいと考えたことはありますか?収納を増やしたい、もう少しうまく収納したいと悩んでいるなら、壁面収納できる棚をリノベーションしてみることをおすすめします。

壁面収納なんて難しそうと思っている方も多いかもしれません。ですが、壁面収納は、とあるアイテムを使えばセルフリノベ初心者でも簡単にリノベーションできるのです。そのアイテムが、「ダボレール」と「ディアウォール」。
ダボレールとは、穴の開いているダボ柱やガチャ柱と呼ばれる支柱に、ダボや棚板をひっかけて使う壁面収納専用の道具です。高さや幅の調節を自由自在に行うことができるため、部屋のスペースに応じて形を変化させることができます。棚を取り付けるのはもちろん、短いポールのようなものを取り付けることで、洋服を収納することも可能。ですが、壁に穴を開けて支柱を壁に取り付けないといけないため、賃貸の住宅では使うことができません。
壁を傷つけなくても使うことができるアイテムがディアウォールです。そのため、賃貸の物件で壁面収納をしたい場合には、ディアウォールを使うといいでしょう。ディアウォールは、天井と床に対して縦に突っ張り棒を張るようなイメージです。実際には2×4の木材を柱にし、その柱に棚受けを取り付け、その上に棚を置くことで棚を作ります。
キッチンでは、壁面全体にダボレールを設置し広大な収納スペースを作るなどの使い方ができます。調味料を入れた可愛い瓶などを置くのも、可愛いのでおすすめです。玄関にダボレールを置くのもおすすめの使い方。上の方に棚を取り付け、靴を見せて収納し、下の方は棚を設置せず子供用の自転車などを収納するスペースとすることもできます。ディアウォールは、必ずしも天井と床に取り付けなければいけないわけではなく、棚と床の間などのデッドスペースにも取り付けることも。また、L字にして部屋の角で使うこともでき、観葉植物などを飾る、本をきれいに置き、見せる収納として使うなど、臨機応変に様々な使い方ができます。

◆本好きのための棚リノベ!

本が好きで、部屋でもたくさんの本に囲まれていたいという人は、部屋のリノベーションを行い、自分の読書のスタイルに合った本棚を作ってみてはいかがでしょうか。ここでは、セルフリノベを行い、自分の好きなように本棚を作った人の本棚を紹介します。

まず紹介するのは、大小様々な大きさのボックスを組み合わせ、壁一面に作られた本棚。すべて同じ木材で作られているのにも関わらず、大小様々な大きさのボックスを組み合わせることで、おしゃれなカフェの本棚のような雰囲気に。下のすぐに手が届きそうな範囲の棚には本を置き、手が届きそうにない高い部分には写真などを飾っています。
壁一面に本棚を作ると、高さが高くなるため圧迫感が生じます。圧迫感が苦手な場合は、腰や胸までの高さの本棚を作るのがおすすめ。カウンターキッチンのリビング側の壁の部分に、壁と同じ素材で本棚が作ってあると、壁と本棚に一体感が生まれ、より部屋に統一感が生まれます。
本棚は見せて飾るべきというわけではありません。もちろん、隠す収納にしてもいいでしょう。隠す収納にする場合には、リビングなどにある壁面収納の扉の中に、天井から床までの高さの本棚を作り、そこに本を収納します。お客様が来た場合には、扉を閉めておけば本があることはわかりません。ですが、普段部屋で読書を行う場合には、開けておくという使い方もできます。

◆収納のために棚をリノベ!~業者を使うのもあり~

収納を増やすために、棚をリノベーションするのに業者を使うのも1つの方法です。自分たちではなかなかできない、大規模なリノベーションも行うことができます。

業者を使い大規模なリノベーションを行った例として、リビングと寝室の仕切りを壁一面棚にしたという例があります。仕切りを棚にしているため、新たに収納スペースを増やしたというわけではありません。そのため、家族が過ごすスペースの大きさは変わらず、そのまま。また、寝室側からもリビング側からも棚にあるものを取ることができるため、便利になったそうです。他にもキッチンの収納を増やすために、デッドスペースに棚を作り収納を増やした例もあります。その場合も収納が増え、家事がしやすくなったようです。
とはいっても、収納のリフォームを行っても失敗してしまうことも。棚を作ったけれど、中に入れようと思っていたものと奥行きが合わず、結局奥の方はデッドスペースになってしまったという例もあります。失敗しないために、棚の中に何を入れるのか、どのような使い方をするのか収納プランをしっかりと立てた後に、棚のリノベーションを行いましょう。
もちろん、住み慣れた自宅マンションの棚のリノベーションを行い、より住みやすくなったという例もあります。壁一面に大規模な収納棚を設けた、キッチンのコンロ脇のデッドスペースに収納棚を作り、収納が増えたことで動線がよくなったなどということが。リノベーションを成功させるためには何と言っても、リノベーションする前にしっかりと計画を立てておくことが大切。自分たちの居住スペースと収納スペースのバランスも考えながら、リノベーションの計画を立てていきましょう。

棚のリノベーションに関してご紹介しました。
リノベーションに関して気になることや、相談したいことがあればネクストカラーズまでお問い合わせください!

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。