ものが広がりやすい、部屋が狭く感じるのであれば壁面収納がおすすめ。
壁面収納なら大がかりな工事を必要とせず、ホームセンターにあるもので収納を作ることができます。壁面収納で狭いスペースもスッキリ、部屋を広々と使いませんか。

収納下手あるある。。。壁面収納がおすすめなお部屋紹介

なんだか部屋がスッキリしない、ものが多いと感じたことはありませんか。
理由は収納下手のせいかもしれません。なぜ収納がうまくできないのか、収納下手の3つのあるあるから収納がうまくできない部屋について考えてみましょう。

〇収納のスペースが少ない
十分な間取りがあっても、クローゼットや押し入れなど既存収納がほとんどない場合、普通は自分で収納スペースを作らなければなりません。
しかし収納スペースも確保せず、とりあえずタンスやテーブルにものを置いていたのでは、あっという間に部屋はもので溢れかえってしまいます。
スペースはあるのに活用できていないパターンは、収納下手あるあるです。

〇収納家具の統一感がない
とにかく収納するために、必要に応じて収納家具を買い足していませんか。同じような商品が同時期に売っていないこともあるので、とりあえず収納する度に購入するスタンスだと、収納家具はチグハグになってしまいます。収納家具も増えると、収納家具のスペースの用意も必要になりますが、バラバラの収納家具だと幅や奥行きなどのサイズ感も違うことが多いので、かえってムダにスペースを消費してしまうことになります。

〇部屋がもともと狭い
いくらタンスやクローゼットを駆使しても部屋がもともと狭いとうまく収納できません。ましてや、あふれたもののせいで圧迫感もあります。

いずれかに当てはまるなら、今すぐに収納の見直しが必要かもしれません。小スペースでも収納できる壁面収納を考えてみましょう。

壁面収納はどうやって作る?

壁面収納はどのように作るのでしょうか。
押入れを利用する方法から、ホームセンターでも購入できるアイテムを使った収納の作り方まで紹介します。

〇押入れをクローゼットにする
壁面収納で考えなければならないのが、どこに収納を設置するかです。狭いスペースだと収納器具は設置できても、ものが取り出しにくくなる可能性があります。そこでおすすめなのが、元からある押入れの扉を取り払い、壁面収納として活用するやり方。
もともとの収納スペースを有効活用できますし、押し入れありきで設計されているため、取り出しにくい問題は起こりません。  

〇ディアウォールを利用する
壁や床を傷つけずに壁面収納へリノベーションしたいときにおすすめなのがディアウォールです。バネで柱を固定して、自由に棚を設置することができます。
さらに棚を設置するタイプなので、ものを引きだすときのスペースを考える必要がりません。
小物類や日用雑貨など置けるものは限られてきますが、狭いスペースでもできるだけ収納を増やしたい人、小物が多い人に便利です。

〇ラブリコを利用する
壁面収納を作るなら、ラブリコも便利です。ラブリコもディアウォール同様、壁や床に穴を空けずに棚が設置できる器具。
ただし、ディアウォールとは違いジャッキが付いているので、よりしっかりと設置面を固定することができます。突っ張りが強いので、上下の固定だけでなく、左右の固定がディアウォールより安定しているのがポイント。
突っ張り棒のように棚を固定したいときにも使用することができます。
とにかくしっかり固定したいならラブリコ、見た目のスマートさを優先するならディアウォールを選びましょう。

こんなところもスッキリできる!上手な壁面収納事例

一般的に収納を取り入れることの多い寝室だけが壁面収納に向いている訳ではありません。
キッチン、リビング、テレビ周り、それぞれのケースで上手な壁面収納の取り入れ方を考えてみましょう。

〇キッチン編
調理器具に調味料、食器、保存食、さらには電子レンジや炊飯器まで、ただでさえものが多いキッチン。
ものが多すぎて食器や保存食の収納が同じ場所で取り出しにくいと感じたことがある人もいるでしょう。
そんなときこそ、壁面を有効活用できる壁面収納がおすすめです。業者にリノベーションをお願いするなら扉付きのしっかりしたものを、DIYで壁面収納を作るならディアウォールを活用すると見た目もスッキリします。

〇リビング編
部屋数が少ないのなら、思い切ってリビングに収納スペースを設けましょう。扉なしでも壁面収納なら部屋のアクセントとしてインテリアのように取り入れることもできます。
衣類が現在の収納に収まりきらない場合は、思い切って壁面収納を利用するべき。リビングを活用すれば使われていない余分なスペースをなくせますし、インテリアのように収納を取り入れることもできます。

TV収納編
リビングでデッドスペースができやすいのがテレビ周辺です。テレビの下だけでなく、横や上まで壁面収納にリノベーションすれば大容量の収納も可能になります。DIYでもいいですが、まるで元からあったような既存感を出したいなら業者に頼むのもおすすめ。マンションの限られたスペースを有効活用できるうえ、スタイリッシュで統一感のある空間へと変えてくれます。

まとめ

壁面収納は、狭いスペースを有効活用できる片付けが苦手な人や部屋がものであふれかえてしまう人におすすめのリノベーション。

ホームセンターで購入できるディアウォールやラブリコを利用して、お得にリノベーションを叶えましょう。

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築マンション・中古マンション・店舗のリノベーションを施工事例の一部をご覧ください。