キッチンは毎日の食事を作る場所であるだけでなく、さまざまな食材をストックする保管庫です。面積が狭いと不便で、お料理するのも嫌になってしまうことも。

しかし、その悩みはちょっとした工夫で改善できます。

キッチンの狭さを克服するレイアウトや収納方法の工夫、リノベーションのポイントについて解説していきましょう。

狭いキッチンのレイアウト

食器や調理器具、冷蔵庫を始めとするキッチン家電などに作業スペースが圧迫されてしまうと、途端に調理がしにくくなり、狭さや不便さを感じがちです。

 

そんなときこそ、ひと工夫しましょう。家具などの配置や、レイアウトを見直していきます。まず優先させて見直したいのが、家具や家電の配置の仕方です。

 

お料理を作る手順は、冷蔵庫から食材を取り出してシンクで洗い、まな板のある作業スペースで切ってコンロで加熱調理をするのが一般的です。

 

一連の作業をスムーズに進めるためにも、キッチンが狭い場合は入り口に冷蔵庫を置き、一番奥がコンロになるようにレイアウトを変更しましょう。

キッチンによっては、まな板を置く場所がない、料理を器に盛りつけるスペースが十分に確保できない場合もあります。

 

そんなときには、目の付け所も変えてみましょう。

シンクの上に部分的なカバーをかければまな板を置くスペースが拡張できますし、キッチン扉に取り付ける、突っ張り式の簡易机も市販されています。

 

ちょっと目線を変えるだけでもデッドスペースを有効的に活用することができるので、既存の概念を取り払って「ここはどんなことに利用できるかしら?」と考えてみましょう。

 

キッチンの雰囲気を左右する、全体的なカラーも変えてみましょう。食器棚に明るい色を使ったり、壁におしゃれなクロスや鍋つかみをかけたりするだけでも奥行がでて、狭い圧迫感を感じにくくなる効果があります。

 

調理台や盛り付けに使うスペースが小さい場合には、ちょっとしたカウンターを増設するのもおすすめです。作業スペースが増えて動線が良くなることで、キッチン空間の見た目を広げましょう。

狭いキッチンの収納術

キッチンの収納スペースが狭いことも、不便さを感じるポイントです。

収納する場所がないと食器や鍋などのキッチンツールが出しっぱなしになり、ゴチャゴチャした見た目がより狭さを強調してしまうかも。

 

そんなときには、流し台と冷蔵庫の間のスペースや冷蔵庫の側面などに収納グッズを取り付けるなど工夫をして、収納場所を増やしましょう。

 

キッチンは換気扇があるので、窓にはそれほど重要性はありません。

光が入ることで圧迫感がありませんので、窓枠を利用して突っ張り収納などを取り付けて、窓を棚のように活用していきましょう。

 

ただ置いただけではゴチャゴチャしてしまう鍋やトナーなどのツールも、壁面を利用して飾る収納にすれば、収納スペースが広がっておしゃれなキッチンに早変わりします。

 

こういった、見せる収納で広がりを持たせるためには、見た目を損ないがちな生活感のあるものは見せないことが大事です。コンセントやゴミ箱は引き出しなどにきちんとしまって、キッチン空間を広く見せましょう。

それでも狭いならキッチンリノベーション

レイアウトや収納の工夫でキッチンが狭い不便さを乗り切れない場合には、ちょっとした工事をともなうリノベーションも検討しましょう。

不要な壁や間仕切りを取り除いてしまえば、キッチンスペースに余裕がでます。構造自体が変更できなくても、あきらめる必要はありません。

 

例えば、流しやコンロなどを一体化させたキッチンはここ数年で進化し、よりコンパクトなものが登場しています。

 

思い切って新型のキッチンに交換すれば、台所はひろびろとしたものになるでしょう。狭いキッチンの場合は、空間を最大限に活用するL型キッチンにリノベーションしてしまうのも良いでしょう。

 

今まではダイニング方向に向い手空間を圧迫していたキッチンを壁側に動かせば、大きなカウンターを置ける空間ができるなど、可能性は広がります。

 

収納が足りない場合は、天井部分の空きスペースを活用して昇降式の吊戸棚を取り付けるのもおすすめです。

空間と収納スペースを広げることで、狭いキッチンがより使いやすくなりますので、一度リノベーションを手掛ける建築業者に相談をしてみるといいでしょう。

キッチンが狭いことは改善できます

キッチンは朝・昼・晩と1日3食、家族のおいしいご飯を作る場所。

生活するために重要なスペースではありながら、宅地面積が狭い日本の住宅事情では、リビングなどの居住スペースに押されて面積が狭くなりがちです。

 

水道栓やガス栓などの固定設備があるため、キッチンはリビングのように簡単に模様替えができないと思い込んでいる人も多いのですが、そんなことはありません。

まとめ

空間を広げるのは、アイデア次第です。

冷蔵庫の配置などのレイアウトや収納方法を見直すだけでも狭い印象を改善することができますし、リノベーションをすれば新築同様の広々としたキッチンに早変わりします。

キッチンスペースを広げる工夫を凝らし、狭いことによる不便さを克服していきましょう。

リノベーションキッチン事例

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。