目次

1.家が寒い!原因はどこ?

2.寒い家にできる簡単対策とは

3.寒い家をリノベーションであたたかく!

4.まとめ

 

「暖房をつけてもなかなか暖まらない」「足元が冷えてツライ」となると、外から帰ってきてもホッとすることができないものですよね。そこで今回は寒い家を改善する方法について詳しく解説していきます。寒さの原因がどこにあるのか、寒い家にできる簡単な対策、そして暖かい家にするためのリノベーションについて紹介していきます。

家が寒い!原因はどこ?

家が寒い原因としては隙間から侵入してくる風、建物自体が冷えていること、断熱がされていないこと、そしてコールドドラフト現象の4つがあります。

 

□隙間風

築年数が古い建物の場合は経年劣化によって建物が歪み、ドアや窓から風が入ってきてしまうことがあります。

 

□建物自体が冷えている

マンションでよく起こりがちなのが、建物自体が冷えて家が寒くなってしまうケースです。コンクリートは一度冷えてしまうと暖まりにくい性質があります。寒い季節は室内をいくら暖かくしようとしても構造体が冷えているため、なかなか暖かくなりにくいということが起こります。特にマンションの低層階の日が当たらないほうの角部屋などは、室内が冷えやすい場所です。

 

□断熱がされていない

壁や天井に断熱材が敷き詰められていないと、外気温がそのまま室内に達するため室内が非常に寒くなります。断熱がされていないと外気温の影響をもろに受けやすくなるので、冬は寒く夏は暑いという最悪な状態になります。

 

□コールドドラフト現象

冷気は下へ暖気は上へ行く現象がコールドドラフト現象です。この現象が起こると、暖房を入れても暖気は室内の上のほうへ、壁や窓から伝わって入ってくる冷気は室内の下のほうへ行きます。いつまでたっても室内が暖かくなったと感じることができません。

寒い家にできる簡単対策とは

家が寒いという場合、冷気対策を行なうことが必要です。冷気が入る箇所別に、できる対策方法をご紹介します。

 

□窓から冷気が入ってくる場合

窓のサッシ部分に建物の歪みによる隙間ができている場合は、まずそこを埋めて外気が室内に入ってこないようにしましょう。また、窓に断熱シートを張ることも簡単にできる寒さ対策のひとつです。

 

そして、カーテンを見直すことも寒い室内を改善するのに役立ちます。断熱カーテンをつけることで窓のガラス部分だけでなく、サッシの隙間から侵入してくる冷気を抑えることができますので有効な寒さ対策になります。

 

□床から冷気が入ってくる場合

足元が冷えると体感温度が下がりますので、床を冷たくしないことで室内を快適にすることができます。家の床を暖かくする方法はシンプルで、カーペットや絨毯といった暖かい素材のものを敷くことです。それだけでも、かなり寒さを軽減することができます。

床全体に暖かい素材のものを敷くことができないという場合は、家の中で長い時間を過ごす場所を重点的に敷くことをおすすめします。

 

□窓と床以外の冷気対策

家の中には窓と床以外にも冷気が入ってくる場所がまだまだあります。たとえば、換気扇や玄関、バスルームなどは冷気が入り込みやすい場所です。換気扇に蓋があるのであれば、冬の間は外気が入ってこないように蓋をしておくことができます。また、バスルームは入浴する前に浴室暖房機をつけて暖めておくようにすると寒い思いをしなくても済みます。

寒い家をリノベーションであたたかく!

冷気対策は個人でもすることができるとはいえ、家の断熱性能を高めたいという場合にはリノベーション会社に依頼するのがおすすめです。寒い家をあたたかくするために、どのように窓・床下・壁・天井をリノベーションできるのかご紹介します。

 

□窓

窓から入ってくる冷気を防ぐためにできるリノベーションとしては、窓のガラスを断熱性能が高いものに変える、窓の内側に内窓を設置して二重窓にするといった方法があります。冷気は窓のガラスというよりもサッシの隙間から入ってくるので、二重窓にするという方法は冷気対策として効果的です。

 

□床下

一軒家で床下に潜ることができる場合は、床下に断熱材を敷き込んでいくことで足元の寒さを改善することができます。この方法であればフローリングを剥がす必要もないため、短時間で家具などを動かすことなく施工してもらえます。

 

□壁

壁から外の冷気が伝わって家の中が寒い状態になっている場合は、壁の石膏ボードを剥がして中に断熱材を敷き詰めていく、既存の石膏ボードを断熱ボードに張替えるという方法があります。どちらにしても一度石膏ボードを剥がすので大掛かりなリノベーション工事ですが、外の冷気が壁を伝わって入ってくることは防ぐことができるようになります。

 

□天井

天井部分も壁と同じ要領で断熱材を設置したり、断熱ボードに張替えたりすることで断熱性能を高めることができます。1階の天井に断熱対策を行なうことで2階部分の床の冷気対策にもなります。

まとめ

寒いと感じる家でも、冷気対策を講じることで寒さがかなり軽減します。もしも外気よりも家の中が寒いという場合は、こちらにご紹介した対策方法をヒントに冷気対策を行なってみてください。本格的な寒さ対策をやりたいという場合は、リノベーション会社に頼んで家の断熱性能を高めると、あたたかい家になります。

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。